代表取締役社長 小川 亮司 代表取締役社長 小川 亮司

これからも、世界中から
求められるエンジンを
つくり続けてまいります。

当社は日産自動車株式会社から産業車両用エンジン事業を継承し、2013年にグローバルコンポーネントテクノロジー(GCT)として独立しました。国産エンジンメーカーとして1950年から今に至るまで、70年近く脈々とその技術を引き継ぎ発展させ続けており、今もなおGCTエンジンは世界の産業発展にとって、なくてはならない「動力源」であり続けています。

そして2016年には、鴻巣に鋳造・機械加工・組立工程を備えた、効率の良いエンジン一貫製造工場を立ち上げました。これによりGCTは、開発から製造・販売・アフターパーツ供給まで自社内で対応可能となり、全世界のお客様のニーズに合った製品を提供しています。
年々厳しくなる「環境要求」に的確に応え、業界一クリーンで高性能なエンジンの開発を目指し、皆様が安心できる“環境に配慮した製品”を永続してお届けします。

多様化する市場のニーズにスピード感をもって対応し、今後もこれまで以上にお客様のご期待に応え、ご満足頂けるよう全社員一丸となり、グループ一体となって社業に全力を尽くしてまいります。
これまでと変わらぬご支援ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長小川 亮司